FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-M10の使用感

E-M10を3週間ほど使ってみた使用感などを軽くレポ。


|操作性


E-M10はエントリーモデルとは思えないほど操作性に優れている。

000005907.jpg

上記の写真のようにダイヤルが2つあり、前のダイヤルで露出補正。後ろのダイヤルで 絞り/シャッタースピードの変更を行える。さらにFnボタンを含む計3つのボタンを自由に割り当てられるので、カスタマイズ次第で「ISO/ホワイトバランス」の変更もダイヤルで操作できるようになる。

AFポイントの変更も背面の十字ボタンでダイレクトに移動でき、狙ったところにフォーカスが合わない時でも素早く変更できるのがこれまた便利。



|ファインダー/モニター


ファインダーの見やすさだけは、E-PM2 + VF-4に軍配が上がる。ただPM2 + VF-4ではファインダーと背面モニターの表示を手動で切り替えないといけなかったが、E-M10は表示切替時間約0.3秒と謳っているだけあり瞬時に切り替わるのでストレスなく撮影できる。

また背面モニターはチルト式なのでローアングルの撮影がしやすい。



|手ぶれ補正


手ぶれ補正はPM2の2軸から3軸補正に強化されているのだが、スローシャッターや望遠での撮影をしていないのでまだ違いはわかってない。

今のところ実感できるのはシャッター半押しで手ぶれ補正が働くので、ファインダー像が安定して撮影しやすい。PM2だと半押しでは手ぶれ補正が働かないので、150mm(換算300mm)とかの望遠側ではブレて撮影しづらかった。

運動会での歩留まりは確実に上がりそう。



|画質


E-PM2と同じイメージセンサーなので、正直なところ画質の違いはほとんどない。だけど画像処理エンジンがTruePic VII にアップデートされているので、倍率色収差と歪曲補正がされているらしい。これはオリのレンズだけでなく、パナのレンズにも適用されるとのこと。

あとOLYMPUS Viewer 3でRAW現像する時に適用できるアートフィルターのヴィンテージが超万能!なんの変哲もないタダの写真が、なんかそれっぽい仕上がりになってしまう。


P7110031.jpg


P7110034.jpg


P7110045.jpg


仕事で長崎へ出張した時に撮った写真なんだけど、あいにくの小雨まじりの天気で海も空もキレイに撮れなかった。それがヴィンテージをかけるとなんかノスタルジックで味のある絵にできるので、何でもかんでもヴィンテージをかけてヘタな写真をごまかしたくなってしまうww



|高感度


高感度に関しては初代E-M5からセンサーが変わってないので、誤差の範囲でしかないと思う。E-PM2の時はISO感度の上限は1600で設定していたんだけど、E-M10では3200で設定して撮影してみた。


P7180043.jpg


P7180052.jpg


上の写真は近所の夏祭りでレンズは25mm/f1.8で撮影したものなんだけど、ISO感度は3200でも充分実用的に使えると感じた。


今のところかなり満足度が高いE-M10。気になるのは本当に後継機のE-M10 Mark IIが出てきそうなこと。パナのGX8が20MPの新型センサーを搭載してきたので、E-M10 Mark IIにもこれが搭載されるのか?



関連記事
スポンサーサイト

FC2カウンター

プロフィール

yuitopapa

Author:yuitopapa
 
[自己ベスト]
5km:19分44秒(1人TT 2015)
10km:41分45秒(足立2016)
Half:1時間30分40秒(印西2017)
Full:3時間11分39秒(古河2017)
※全てネットタイム

JogNote
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ(折りたたみ)
ブロとも一覧

広くてそれなりに深いブログの筈
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。